物質活性機って、何?

リッチトーンの上にお酒や野菜・果物などを乗せておくだけで、その食材の味が変化します。
食べ物以外でも、鉢植えが元気になったりします。
食品・嗜好品 チャージ時間 特長


洋酒・日本酒・ワイン 1〜2時間 まろやかで美味しくなります。タンクからおろしても、美味しさは変わりません。
ほうれん草・きゅうり
レタス・キャベツ
30分〜1時間 鮮度がよくなり、味も向上します。
種類によっては長めにチャージしてください。
チーズ・牛乳 30分〜1時間 まろやかで美味しくなります。
チャージ後は冷蔵庫で保存してください。
みかん・バナナ
メロン・いちご
1時間〜2時間 甘味が増します。まだ硬いものや、甘味の少ないものは一日以上チャージしてください。
魚介類 30分〜1時間 解凍後の臭みが取れます。
身がしまり、美味しくなります。
牛肉・豚肉・鶏肉 30分〜1時間 臭みが取れます。夏場は先に冷蔵や冷凍し、自然解凍しながらチャージします。
豆腐 30分〜1時間 味と日持ちが良くなります。
お米 12時間 鮮度を保ちます。お米の酸化を防ぎ、新米の美味さを持続します。
コーヒー・紅茶・緑茶 12時間 味と香りがよくなり風味をのがしません。
電子水で飲むと、より美味しくなります。
元気のない鉢植え 1〜2時間 生き生きとしてきます。
元気にならない時は土を入れ替えてください。


物質の活性化をもっと手軽に使いたい、とお考えの方は「ワンダーボード」をお勧めします。

ワンダーボードの詳しい説明はこちらをご覧下さい。

 なぜ、お酒がおいしくなるのか

お酒を自転車の荷台に積んで町内を一周すると美味しくなる、こんな話を聞いたことはありませんか?
これは、自転車の振動が関係しているのです。
リッチトーンは「物理的な振動」ではなく「電気的な振動」をお酒に与えます。
交流の電子の波長がお酒の分子を揺らします。すると、まろやかな味に変化するのです。
もちろん、お酒の分子構造も小さくしていきます。
その結果、お酒が美味しくなるという訳です。
 

  なぜ、果物がおいしくなるか

電子をチャージすると、バナナやリンゴなどの果物が甘くなります。
たとえば、バナナは完熟する前に収穫され倉庫や流通の段階で黄色いバナナになります。
本来の自然が与えてくれた甘味は封じ込められたまま売られているのです。
そのバナナに電子を与えると、電子の波長によって本来の甘味が解き放たれます。
隠されている味を引き出す力が、電子にはあるのです。
 
リッチトーン電子水の詳しい説明はこちらをご覧ください
電子水って、何? 健康な身体作り もっと詳しく! 他の製品との比較
物質活性機の力 製品仕様 リッチトーン 質問箱 RT-7CBZの秘密